このページではJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にしてください。
カテゴリー
素材でしぼる
色でしぼる
価格でしぼる
文字の大きさ小中大
すべてのカテゴリを見る
トップページ > ブランド一覧 > 1616 / arita japan [ イチロク アリタ ジャパン ]

ブランド紹介ブランド紹介

1616 / arita japan

イチロク アリタ ジャパン
日本

有田焼の産地である佐賀県、有田は1616年に陶祖李参平によって日本で最初に陶磁器が作られたとされる場所。4百年を経てもなお、色あせる事のない妥協の無いものづくりの精神は今日の有田を支える人達に受け継がれています。
デザイナー柳原照弘は、今日までの有田の歴史と対話しながら、豊富な経験と技術をもつ有田の職人と共に、歴史をつなぐ新たな陶磁器ブランドを生み出しました。
遥か昔の記憶を引き継ぐように名付けられた『1616/arita japan』は、有田焼の伝統を踏襲しながらもこれまでの有田焼とは異なるデザインアプローチを試みています。
これからの未来に寄り添う、新しい器のシリーズです。

『1616/arita japan』のクリエイティブディレクターである柳原照弘は多様な食生活に対応する、「スタンダード」のデザインを担当し、オランダ人デザイナー・ショルテン&バーイングスが「カラーポーセリン」と呼ばれる日本の伝統色を再解釈したシリーズを生み出しました。この二組のデザイナーによって日本の伝統に対する新たな解釈がもたらされました。柳原照弘は素材である陶土と陶磁器の用途の可能性を試み、一方でショルテン&バーイングスは色と形を用いることで、応用美術と日用品との間の対話を際立たせています。

『1616/arita japan』のブランドの立ち上げは、日本の低迷する小さな地場産業の再生と、何世紀もの間続いている歴史をグローバルな市場へ伝えていく新たな試みです。

1616特集ページへ

http://1616arita.jp

caina取り扱い商品caina.jp取り扱い商品

ブランド一覧へ
ページtopへ